永康科技工業區
永康テクノロジー工業区

都市化地区:人口20万、居住、商業機能の発展が成熟
深い産業基礎:2500ヶ所の工場、400ヶ所の自動車部品工場

 

安平港自由貿易港区

2017.04.28

一、安平港埠頭計画

1.「北は観光、南は自由貿易」にポジショニング
(1)既に運営している範囲:
港の広さは180メール、主航路の水深は11.5m。
港エリア面積は約477ヘクタール(水域面積277ヘクタール、陸域面積200ヘクタール)。
(2)港エリア機能及び面積:

エリア機能 エリア面積(ヘクタール)
自由貿易港区 区画総面積 72.10
賃借済の運営面積 39.40
現時点の賃借可能面積 32.70
観光レジャー区 開発計画総面積 92.20
漁光里 71.20
五期区画整理区 21.00
その他 港関連産業区 14.50
港行政区、マングローブ保育区、港区グリーンベルト 21.20
合計 200.00

2.安平港自由貿易港区企業招致区域計画

名称 区域位置計画 面積(ヘクタール)
1番トランジット 国際快速貨物区 0.3104
1番埠頭野積場 国際快速貨物区 0.3731
2番埠頭前方野積場 国際快速貨物区 0.6365
2番埠頭後方野積場 国際快速貨物区 0.1366
行政区 ビジターセンター前 1.3871
5番埠頭前方野積場 国際付加価値物流区 0.6070
5番埠頭前方野積場 国際付加価値物流区 0.5194
6番埠頭後方野積場 国際付加価値物流区 0.3881
7番埠頭後方野積場 国際付加価値物流区 0.5989
9番埠頭後方野積場 国際付加価値物流区 2.0594
28番埠頭後方野積場 国際付加価値物流区 0.5647
五期区画整理区埠頭区#10 国際付加価値物流区 4.9
五期区画整理区埠頭区#11-#12 国際付加価値物流区 9.7
四鯤鯓埠頭区 #24-#26 #24石油化学製品作業区#25-#26国際付加価値物流区 10.5
 合計 約32.7

二、安平港自由貿易港区経営のニッチ

経営ニッチ 説明
租税優遇措置
  • 運営貨物に対し、関税、貨物税、営業税、酒たばこ税、たばこ製品健康福祉税、貿易推進サービス費、商港サービス費の免除を提供。
  • 自家用機器、設備に対し、関税、貨物税、営業税、貿易推進サービス費、商港サービス費を免除。
「境内関外」による通関効率
  • 区域内貨物流通は審査、検査、通関、護送不要。
  • 24時間通関、税関区域をまたぐ通関手続きが可能、月ごとの取りまとめ報告。
  • 業者自主管理により、行政による干渉を抑制。
生産価値と効果の向上
  • 区域外への加工委託を許可。
  • 再組立、簡易加工、組立、倉庫貯蔵、修理、製造等を行うことが可能。

お問い合わせダイヤル:(06)298-2810

三、安平港區位置圖

安平港自由貿易港区

永華市政センター 70801 台南市安平区永華路二段6号|受付電話:886-6-2991111|
民治市政センター 73001 台南市新営区民治路36号|受付電話:886-6-6322231|お問い合わせ